HOME>オススメ情報>長く使いたい薪ストーブはメンテナンスが大切です

薪ストーブには他の暖房器具と一味違った良さがある

広い部屋にも適しており災害時の停電にも強く、見た目もおしゃれでインテリアになり料理もできるなど実用性があります。

薪ストーブのメンテナンスをするときに気を付けること

メンテンナスは定期的に

清掃や不具合のチェックし常にキレイに保つこと

定期的に行う煙突の掃除

黒いすすが付着するようなら定期的に掃除します。煙突の清掃作業はできれば専門家に依頼しましょう。

シーズンオフの点検も行う

灰を除くことや部品の劣化、損傷状態をチェック

煙突の状態にも注意しよう

すすのたまり具合や臭いに注意して点検します。

シーズン前のチェックも

部品劣化や鳥の巣で通気性が損なわれていないか

どういうところに依頼するのか

部屋

最近、薪ストーブに人気が集まっています。北海道や東北では当たり前のように設置されていることがあり、メンテナンスも専門業者に対応をしてもらいます。専門業者であれば清掃などもスムーズに行ってくれるので安心です。

費用の比較

部屋

薪ストーブのメンテナンスは定期的に行う必要がありますが、業者によって費用が変わってくるので注意が必要です。今はインターネットで比較をすることができるようになっているので、まずは確認をしてみるとよいでしょう。どれくらいの期間を空けてメンテナンスを行うべきなのか、ということもチェックをしておくとよいでしょう。安全に使うためには、しっかりとしたチェックが必要になりますし、掃除も行わなければいけなくなります。

安全に利用をする

インテリアイメージ

薪ストーブを安全に使うためには、定期的に清掃をする必要もあります。煤が溜まってしまうとそれだけで性能も落ちてしまいます。メンテナンスを行って使うシーズンに入る前に安全性を確認しておくことができれば、突然故障をすることもなくなるので安心です。安全な利用のためにセルフケアをする人もいますが、中々手が届かないということもあるので専門業者に任せたほうがよいでしょう。そのほうが確実にキレイにすることができます。

広告募集中