薪ストーブを長く使い続けるために

薪ストーブは壊れたら買い換えるスタンスではなく、丁寧にメンテナンスをして長く使い続けるやり方を知っておくことをおすすめします。

薪ストーブのメンテナンスの仕方

ガラス面の掃除をするなら

専用の濡れタオルでドアガラス面の汚れを拭き取ります。専用のクリーナーを使用するのもよいでしょう。

表面の劣化を補修します

ストーブ表面のサビや汚れをワイヤブラシ等を使ってキレイにし、専用塗料で仕上げて状態を修復します。

扉の開閉を日々チェック

扉の開閉がスムースか、レバー等のゆるみなど問題ないかチェックし必要に応じて点検、調整します。

灰の捨て方に注意する

定期的に不要となった灰を捨てます。燃え残りを考慮して金属製の容器に移し替えると良いでしょう。

煙突のドラフトは適切か

煙突の性能や安全性を左右するドラフトの良い状態を維持するために、蓋の様子などを日々点検します。

専門業者に煙突の掃除を依頼しよう

部屋

薪ストーブは保温性に優れており、火の温かみが感じられるので、寒い地域には欠かせない必需品です。安全に使用するためには、定期的にメンテナンスを受けたり、掃除などのお手入れをする必要があります。薪ストーブは薪を使用するので、灰や木片などで汚れやすいです。本体の近くは汚れやすいので、こまめに灰や木片などを取り除く必要があります。ガラスの部分は比較的汚れにくいですが、薪がうまく燃焼していないと汚れが付く原因になります。薪ストーブ専用のガラスクリーナーが販売されています。ガラスの汚れが気になっている時は、自宅でお手入れをすることが大事です。夏場などのシーズンオフの時は、煙突の掃除やメンテナンスを行う必要があります。煙突には煤などが付いているので、専門業者に依頼することが大事です。高所での作業は危険なので、専門的な知識を持ったスタッフに依頼しましょう。地元で評判の高い専門業者を選ぶと、煙突の汚れをきれいに取り除いてくれます。」

煙突火災を防ぐためにお手入れが必要です

部屋

薪ストーブはクラシカルで伝統的なデザインから、現代風のデザインまで揃っています。正しく使用すると、安全性に優れていますが、メンテナンスを怠ると煙突火災などの原因になってしまいます。薪を使用する必要があるので、灰などはきちんと取り除いておく必要があります。煙突などの高い場所での作業は、専門業者に依頼するのがお勧めです。煙突の汚れを取り除くことで、煙が家に入ってくるのを防ぐ効果があります。薪ストーブは調理機能が付いている商品もあります。調理をした後は汚れやすいので、きれいに拭き掃除をしておきましょう。薪ストーブはエアコンに比べると、部屋全体を温めることが出来ます。取扱説明書をよく読んで、清潔を保っておくことが大事です。

広告募集中